--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事に使う

2011年01月23日 07:40


うちに机があります。

机1

材料買って来て、ネジでとめただけなのでグラグラします。

引っ越しのとき「壊れそうなので分解して運びます」と言われた時には軽くショックでした。

脚を切って座卓にしたり、幅を広くしたり

なんだかんだ改造しながら何年も使ってます。


机2

こんな穴があいていると、ワクワクしませんか?あえてこの板を選びました。

そう言えば、よく学校の机に彫刻刀で穴をほったものです。

消しゴムをボールに、鉛筆をクラブに、よくゴルフをやってました。

みなさんもやりましたよね。

机3

こんなので磨くと、

机5

しっとりとしたツヤが出ます。多分肌と一緒でうるおいが必要なんでしょう。

机4

どうぞのイスも磨きました。これは少なくとも40年以上使ってるはずです。


磨いて何年も使えるものっていいですね。

使えば使うほど味が出るもの。

もともと「生き物」だった証拠ですね。

そう思うと、まだ命はここにあるのかもしれません。


安価なもの、高いけど長く使えるもの。

何がエコかわからないですが、そろそろ人生も半分ですから

なんでも大事に使えば自分にとって「一生モノ」になります。



そんな視点で買うモノを選んでいきたいですね。



とかいいながら、この前いろいろ捨てました。

一回捨てて、考え方を変えて

ここから大事にします。



それから

ツイッターをやってみようと思って

今朝つぶやいてみたのですが

よくわかりません。

自分の中で????だらけです。ブログの様な充実感はないんですね。

このブログに貼付けることも出来るのでしょうが、よくわかりません。マサにお願いしないと。


これが一体何になるのか、ちょっとわからないのでやってみます。

またいろいろ教えて下さい。

伝える技

2011年01月17日 22:32


大野練習場では新人選手が動き始めている様ですが、僕はまだマツダスタジアムでごそごそしています。

20日まで新人の練習風景は見れそうにありません。

中学

先日は母校の中学校の職場訪問を受け、

この仕事に就いた経緯と今の仕事の内容を話させて頂きました。

僕、結構おもしろい形で入団していますからね。

「強い意志さえあればなんとでもなるんだぞ」という事は伝えられたと思います。

セミナー

昨日は綾田くんと二人、

指導者向けの講習会で「カープのコンディショニング」について講義と実技をさせて頂きました。

午前と午後の2回行ったのですが、プレゼンは午後の方が良かったかも知れません。

実技はいつもの流れで、選手を相手にしている感覚でやりました。

でも「ケツにチカラ入れて!」とか言ったらだめですね。お尻と言わないと。

まあこれはしょうがない。自分でも諦めています。



それにしても人前でしゃべるのは本当に難しいですね。

話の内容を欲張ったり、格好つけようとするとだめです。かっこわるくなる。

背伸びしようとしてもだめですよ。

そうそう、僕はまだまだ勉強中の身。事実、いろんな所に勉強に出かけているくらいですから。

それを忘れてはいけないなと。


でもはっきりわかったのは

人前でしゃべらない限り得る事ができない「伝える技」というものがあって

少なくとも僕の頭の中で

何か新しい刺激が入ったことは確かです。

伝えると言う事は

伝える内容をじっくり考えていたらダメかも知れません。小細工しすぎてしまう。

心から、「このコンディショニングはいいんですよー」という

素直な気持ちを、そのままの温度で伝えないとだめですね。

それがまず第一段階かなと。


それだけでいいんだろうなと感じたのは、お昼ご飯の時でした。

自然体で出来るようになって初めて、かっこつけていいのかも知れません。


コーチングを仕事にしている限り避けては通れない「伝える技」を

今後も磨いて行きたいと思います。


では。







晴れ男

2011年01月12日 21:49


タクローさん。

僕、晴れ男ですよ。

富士5

伊豆に着いた日の夜にちょこっと雨降りましたけど。

富士4

朝焼けの富士山を見ようと、6時過ぎからホテルの屋上でボーッとしてました。

寒いけど、空気が澄んでいて気持ちよかったんです。まだ星が見えました。

富士山は見えていたのですが、そんなに綺麗に見えなかったんです。

もうそろそろ帰ろうと思った、6時54分。

富士1

富士山のてっぺんがピンク色に。

富士2

待った甲斐がありました。

やっぱり富士山はいい。

でも写真ではあの迫力は絶対伝えられないな。

生で見るのが一番です。

富士3

振り返ると日の出が。

富士6

ここにいるとずっと見守られている様な気がします。

それは富士山がすぐそこにあるからでしょうか。

いい環境ですよ。ここは。



3日間あっと言う間でした。

RIMG0245.jpg

鈴木哲也さん。選手のみなさん。いろいろとありがとうございました。

あと約1週間頑張って下さい。



あー、でも残念ながら明日から天気が崩れるかも知れませんよ。

晴れ男が帰りましたからね。


では。

ラグビー

2011年01月09日 10:33

年末に東京に行った時、ドームの藤井さんに誘われてラグビーの試合を見に行きました。

ラグビー1

慶応対帝京

何を隠そう、僕ラグビーの試合を見るの初めてなんです。

すごく昔に「スクールウォーズ」にはハマっていましたが。

そう言えば川浜高校もこんな色のユニフォームでしたね。決勝戦。


そんな話は置いといて

ラグビーの試合、相当面白かったです。

いや

面白いというより、興味深かったです。

ちょうどDAHの見学に行っていた為でしょうけど

どの場面のプレーを見ても「あ、今のはあのトレーニングが有効なんじゃないか?」

という発想になってしまいます。


ラグビー2

帝京が勝ったのですが、

スクラム組んだまま、ずーーーっと押して行くんですよ。止まらない。

ですから一見すると、帝京のパワーが慶応より勝った様に見えました。


でも

一番速そうなポジション?(すみません無知で)を比べても帝京の方が

あきらかにキレてました。


ラグビーの面白さの一つはフェイントですね。

サッカーよりも明らかに大胆にフェイントをかけられるのでは。


慶応の選手は「スイッチ」を入れた瞬間が観客席からでも明らかに分かりました。

分かると言う事は、フェイントに相手が引っかからないと言う事。

やはり進行方向にグッと力を入れて進もうとすれば

相手はタックルに行きやすい。慶応の選手はそういう感じに見えました。

見ていても「あーあ」という突進が多かった。



逆に帝京の選手はボールを持ってからも常にニュートラルのような感じに見えました。

踊るように走る。そんな感じです。

だからどっちに行くかわからないし、何をして来るかわからない。

そこに観る側の面白さがありました。

ニュートラルで踊るように走るというのは、相当なコアの強さとバランスが必要です。



そう思えば野球というのは

ある程度プレーが読めますね。

野球はフェイントなんかほとんどないでしょう。牽制くらいかな。

1塁に走ると見せかけて

3塁に走れたら相当面白いスポーツになるんですけど。

分かった上での勝負。というのが野球の面白さでしょうか。


どっちも好きです。


野球のトレーニングにも、もちろん練習方法にも、

もっと自由度が必要かもしれません。プレイヤーの発想を育てるような。

野球という競技特性上、トレーニングや練習がパターン化してしまう傾向があります。

でも身体作りの観点から考えると、いろんな要素を組み込んで潜在能力を引き出した方がいいのかもしれません。

プロ野球では難しいですが、高校生くらいまではいろんなスポーツをやったほうがいいですね。


RIMG8865.jpg

帰りに神宮の連絡通路の下を歩いてみました。

いつも試合が終わった後、この通路の下から

「がんばれー」と大きな声援を送って頂きました。

今はものすごく静かでした。


「明日は頼むぞー」ではなく

「明日も頼むぞー」にしないと。



 では。

2010年12月29日 23:42


年末の寂しい感じが嫌いじゃないです。

実家1

昨日は雪もチラホラしか見えなかったのですが

今朝は

雪

しんしんと降り続いていました。

四季があるというのは素晴らしいことです。

ほんの3ヶ月前はあんなに暑かったというのに。

雪2

無音の世界。

夏に感じる獣の気配は全く感じられず。


どこを見ても

必要最小限のモノだけ。

冬はシンプルでいいですね。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。