--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉の話

2010年12月21日 22:20

ちょっと硬い話なんですが。

サルコペニアという言葉を聞いた事がありますか?

筋肉の量が減り、筋機能も低下して行く状態のことです。病名ではないようです。

主な原因はやはり加齢です。

あるトレーニング関連の書籍にこのサルコペニアに関する記事が掲載されていました。


難しい話は抜きにしてこの図を

サルコペニア3

図も難しいですね。

要するに、だんだん「貯筋」がなくなっていきますよーという図です。


それはそれで、非常に大切な事なんですが、

よく言われている「老年期の筋量を維持する為に、成人期にしっかりトレーニングをしましょう」

という動機がちょっとイヤです。

青年期は青年期でトレーニングをすることによって得られる効果があると思うんです。

身体的な効果やメンタル面での効果。

それが仕事や日常生活の中で、必ずプラスの効果を生むはずなんです。


目的を老化防止と置くのではなく、それはあくまで結果だと。

そういう目的にしてしまうから、なかなか取り組まなくなるのではないかと思います。

何か不具合が起きてからでは手遅れです。

大事なのは「今」ですから。


サルコペニア4

それでこういった循環的因果関係?があるようなんです。負のサイクルみたいな感じです。

「運動不足」が全ての諸悪の根源です。同じ並びではない。重みが全く違う。



よく出て来る言葉で、

運動する動機が「運動不足解消」

という発想もネガティブで、なんかイヤです。

イヤなんですが、よく使ってしまう。


だからどうしろ、と言うと代案もないんですが、

もっと多くの人が簡単にスポーツを楽しめる環境が出来ればいいですね。

単純に楽しむ事を目的として。


そこにトレーナーやインストラクターと言われる人が関わって、安全に楽しむ。

そういった文化がもっと普通になれば。



という、たまにはトレーナーっぽい話もしておきましょうね。


ちなみに、この記事の批判ではないですからね。

この図を見て、僕のひらめきで書いただけです。

記事の内容は本当にいい内容なんですよ。


では。


コメント

  1. ☆プリン命☆ | URL | -

    お疲れ様です(^-^)v
    なかなか難しい話でピンとはこないんですけど、確かに楽しく運動出来たらいいですよね。
    仕事してると体を動かす時間というのは限られるので、私はたまにバッティングしたり、無駄に階段を上り下りしたりしてます笑。

  2. hello! | URL | JnoDGgPo

    なんか分かる気がします

    鈴川さん、こんばんは。夜遅くにすみません。Blog更新ありがとうございます。
    なかなか難しい内容ですね~。でも、図解付きなので助かります(笑)。
    鈴川さんの「運動する動機が「運動不足解消」という発想もネガティブで、なんかイヤです。」というの、なんか分かります。
    最近でこそ運動不足が顕著に概観に現れてきて仕方なくやや習慣(義務)付け的に身体を動かし始めているのですが、全然楽しめないんですよね。
    学生時代に体育会で競技スポーツに関わったせいでもないのでしょうが、「勝利のために鍛錬する」とか「仲間の輪・目標があって初めて頑張れる」とか、そういうインセンティブがないとやる気が100%発揮できない構造になっているような気がします。そういう環境下にある「仕事」は人一倍してますからあながち嘘じゃないと思います(多分…)。
    鈴川さんのおっしゃる「文化」についても、仕事上やや同じような悩みを抱えてまして、「医食同源」という古来から言葉があるのですが、「医」の領域になかなか「食」というものを広げていくことが難しく、どのように働きかけていくか検討中です。どういう主体がどう振舞えばよいか、そのためには農産物や食品の機能性に関するエビデンスをどのように、どの程度獲得する必要があるか・・・。
    すみません、完全に個人的なつぶやきモードに入ってしまいました。
    また、いろんな話題ご紹介ください。すごくいい頭の体操になってます。ありがとうございます!!

    hello!

  3. | URL | YrGnQh/o

    若いときに運動をしておくというのはとても大切なことだと思いますが、加齢とともに運動しなくなるのは当然というのは、生涯スポーツという観点を全く無視していますよね。

    現在のプロスポーツ選手には、そういった「生涯スポーツって考え方もあるんだよ」というような活動をしていったら面白いと思います。

  4. ゆい | URL | -

    学生時代

    体育の授業で私はいつも劣等生でした。
    逆上がりは出来ない、跳び箱は4段が精一杯、校内マラソン大会ではいつもビリ争い。
    運動とはいつも辛く苦しくみじめなものであり、楽しむという気持ちはついに分かりませんでした。
    だからこそプロのアスリートに憧れるのですが。

  5. シャヒコ | URL | /mEmsP1U

    いま、スポーツの選手寿命がすごく伸びてますが、それは
    こうした研究をされている方々やトレーナーのみなさんの努力の賜物なのだと思います
    選手たちは今も昔も、ものすごく努力をしているわけですからね

  6. もぐたん | URL | JalddpaA

    運動は好きですが

    一人でコツコツやる運動が苦手なので年を取るとなかなか運動する機会がありません
    中学の時はエースで4番だったんですけど。。。。

    この前膝に水が溜まりますますどう運動していけばいいのかわからない状態です~
    気軽に行けるところにプールがあれば手っ取り早いんですけどね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。