--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すずかわくんのランドセル

2010年11月27日 21:19

昨日は、亡くなった幼なじみの誕生日でした。

18年前の昨日、僕の田舎は雪が降ったんです。


教室の窓から、雪が舞うグラウンドを見て

「おまえ、ええじゃんか。誕生日に雪が降って」

みたいな会話をしたのを、はっきり覚えています。


昨日も寒かったですけど雪は降りませんでしたね。

田舎はどこを見ても紅葉がきれいでした。




話は変わって

以前実家に帰った時に、こんなものがあったんです。

ランドセル2

ランドセルです。

ランドセル3

かなりの年季ものです、誰の?と思って良く見たら

ランドセル1

すずかわ?


なんと父親の子供の頃のランドセルでした。

ざっと60年前の物です。


僕のランドセルはもう見当たらないのに、父親のは残ってます。


捨てるとか、人にあげるとか、

そういうのはちょっとしたタイミングなんでしょうね。


ずっと蔵の奥で眠っていたのでしょう。

僕がこの歳になって初めて見つけたんですから。



それにしても、いい味でてます。

何十年も残るモノって、いいですよね。


そう思うと

やっぱりグローブは茶色がいいかな。




コメント

  1. のの | URL | -

    感激

    私もそれなりに「いい年」ですが(40代)
    私の頃は「女子は赤いランドセル」「男子は黒いランドセル」だったので
    こんな、茶色のランドセルは初めて拝見いたしました。

    すごいですね。そのまま残っているのですね。

    家宝として大事に保存していただきたいと思いました。
    ほんと、貴重な一品だと思います。

  2. ビバくろだ | URL | -

    すごい!
    鈴川さんのにしたら年代ものすぎるなぁ(年上の私のと比べても)と思ったのですが、お父様のが残ってたとは!

    存在するだけでいろんなことを空想させてくれるような高揚感がありますね。

  3. トモミ | URL | -

    亡くなっても、命日でなく誕生日を覚えていたいです
    お父さんが亡くなって十年になりますが、誕生日を覚えていたいねって姉と言ってます

    ランドセルですが、いい味出してますね!
    革って古くなるとまた味が出て違う魅力があります!

    グローブはその人に馴染んで、最高の相棒になるんでしょうね
    素敵ですね

  4. hello! | URL | JnoDGgPo

    古き佳き思い出の一品

    鈴川さん、こんばんは。更新ありがとうございます(待ってました!)。

    とても年季の入ったランドセルですね。「鈴川さんのもの?いくらなんでも」と読み進めるとやはりお父様のものだったんですね。私の実家も納戸に行くと謎めいたものが以前はたくさんありましたが、年月の経過とともに随分小綺麗になってしまいました。三次の米農家も随分洗練されてしまったもんだなあと、我が事ながら思います。親父から電話で聞いたのですが、つい先日も田の形を整えるために古い材木小屋と隣接する小さい畑を整理したばかりとのことです。とはいえ、まだあと少し何が潜んでいるかじっくり見たことがない場所があるので、今度帰省したときに覗いてみようと思います。

    ビンテージ品が玄人受けする理由がこのランドセルを見ていても分かりますね。私の30数年の人生で「何十年も残るモノ」を大切にしてきたかというと少なくとも私の手元にはまだそれに相当するようなものがないような気がします。ただ、今後何十年経っても絶対に保存しておくものとして真っ先に頭に浮かぶのは「本」です。特に大学時代は読了日を必ず本の片隅に残す習慣を付けていたので、本とともに読んだ当時の記憶や思い出が蘇ると思います。

    ちなみに我が家のグローブは実家にあります。主に小学生の頃にあのグローブを使って草野球やソフトボールに明け暮れたことを覚えています。男の子が産まれていたら送ってもらったのでしょうが、あいにく我が家は娘二人ですので・・・。という訳でグローブはないですが、大学時代の思い出が詰まったスケートは大切にしなきゃ。諸般の事情でバルコニーにある倉庫での保管を妻から強いられているのですが、環境が劣悪すぎます。。。スケート自体はまだ健在ですが、研磨台は(十分使えますが)すぐに錆びてしまいました・・・。

    心の中の思い出はとても大切ですが、それを呼び起こしてくれる品々も大事にしなきゃいけませんね。

    hello!

    追記:18年前の雪は、涙雨ならぬ涙雪だったのでしょうか。

  5. MM | URL | s.Y3apRk

    こんばんは。
    亡くなられたご友人のお誕生日、実は私も同じ日が誕生日なんです。びっくりしました。
    秋と冬がせめぎあうこの時期、なにかとあわただしく過ぎる時間を感じつつも、何故かこの空気が好きなのは、やはり自分が生まれた時期だからだろうな・・・と思います。
    そのご友人のことは全く知らない私ですが、同じ誕生日というだけで、すごく親近感を感じます。
    お若い年で人生を終えられたことは非常に残念です。ご冥福をお祈り致します。

    お父様のランドセル、すごく味わい深いですね!
    子供だけでなく、大人も使いたくなるような(笑)モダンなデザインですね。

  6. れおてん | URL | -

    えっ…

    お父様のランドセルですか?!すごい貴重ですねぇ!
    タイトルを見て、てっきり鈴川さんのものか、お兄様のものかと思ったのですが、まさかお父様のものとは思いませんでした…

    色合いといい形といい、なんとも言えない美しさですね。

  7. ☆プリン命☆ | URL | -

    なんか、お父さんのランドセルって不思議なカンジがしますね…。

    私の家は誰かのランドセルあるかなぁ(*_*)

    いつの間にかグローブもランドセルも個性を主張する時代になりましたね笑。

  8. 月と星 | URL | -

    素敵なランドセルですね。

    自分が生まれた時から 「お父さん」だった父親にも このランドセルを背負った子供の頃があったのだと 改めて感じられますね。

    なんとも暖かい気持ちになります‥

  9. yoko | URL | -

    いつか狭い家に引っ越すのが夢なので、モノを捨てるのは大好きですが、
    捨てれないモノを見つけた時は嬉しいですね。
    案外本以外では 少ないですね。
    でも人生では、捨てる感覚を感じない。
    常にプラスだけ足して行く感覚。
    全体のベースが高くなって、視界が開けてゆく感覚。
    多分これからも、捨てる感覚は持てない気がします。
    でもモノは捨てたいですね、定期的にジャンジャンと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。