--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜の都 仙台

2009年06月02日 08:24

なんで杜の都の「もり」の所は「森」という字じゃないんでしょう。

確か去年も同じ話題になって、でも今も良くわかりません。

そもそも「杜」という字の意味は?

誰かが教えてくれるでしょう。

それはさておき、今朝も歩きました。

仙台1
この写真を見て、筋肉と血管をイメージするのは僕だけでしょうか。

広島と同じ規模の街で、雰囲気もとても近いのですが、樹の数では圧倒的に仙台の方が多い気がします。しかも大きな樹が多いです。

仙台3
ここはホテルから歩いて5分のところにある公園です。
公園と言っても、土の上に雑草がたくさん生えていてほぼ自然のままの公園。人の手が加わってなくていい感じです。靴がちょっと埋まるような土の感覚が懐かしいです。


仙台2
一番感動したのがここ。

広島で言う「平和大通り」並みの大きな通り。片側3車線の道路があります。

その真ん中に歩道があるんです。しかも大きな樹に囲まれて、自然のアーケードです。



仙台4
広島で言う「本通り」にも樹が。


この街に住むと四季をすごく感じるでしょうね。秋にはどんな景色を見せてくれるのでしょうか。
朝焼けや夕焼け時にはどんな色に染まるのか、見てみたいです。

これだけ意図的に樹を植えるという、この街の姿勢に感動しました。

とてもいい街ですね。

質の良い「氣」をたくさんもらいました。

では、札幌に飛びます。





コメント

  1. てて | URL | -

    Re: 杜の都 仙台

    おはようございます。いい写真ですね!

    仙台は20世紀初頭くらいから、
    市街地の屋敷林に、今は開発が進んでしまった郊外の山々の景色も加えて
    「杜の都」と呼ばれていたようです。
    杜は森の美称だったり、鎮守の森や屋敷林のことのようです。

    ただ、戦災や宅地開発もあって仙台の緑はかなり減りました。
    今の街路樹は戦後の都市計画によるものですが、街の緑はたしかにとてもきれいですね!

    広島は戦時、なかなか爆撃を受けず
    「水と緑の美しい都だから京都と同じく攻撃が来ない」と信じていた人もいた、
    それほど美しい街だったようです。

    現在の広島は大きな街路樹が少ない印象で、
    特に夏は影のない「白い街」の印象があります。
    もっと樹が欲しいですね!

  2. ざぶ | URL | -

    Re: 杜の都 仙台

    そこの本通りみたいなところ、サンドイッチマンが漫才してましたよ。

    木の多さなら向原も負けてないv-91

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。