--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリケンらしさ

2010年08月01日 17:59

前回のブログで「考えることの重要性」について書きました。

その日のマツダスタジアム。

12時過ぎ。まだ誰もいないグラウンドに

くりけん2

「考える男」は、もう準備していました。


相変わらず、いろんな事を身振り手振りで

丁寧に丁寧に語ってくれます。

怪我の事、怪我から来る間接的な問題。

そして怪我をした事で気づいたオフシーズンの課題。


考え過ぎな部分も含めて

これがクリケンらしさなんです。

くりけん1

おそらく

帰ってきました、はい打ちました。

とはいかないはずです。



それでも、その困難な道を

自分の財産に変えて行くはず、という確信があります。



この姿勢を見ていたから、前回のブログの内容が頭に浮かんだのでしょう。

彼がどう考え、どう進んでいくのか。

楽しみですよ。





コメント

  1. まき | URL | -

    今日の3番センターに”戻ってきた”選手は打ったから、
    うまくいくんじゃないですか?

  2. 棟梁 | URL | K//VUXUQ

    広島の棟梁です!

    鈴さん、今晩は。広島の棟梁です。
    いつもブログ拝見していましたが、今回、初の投稿です。

    クリケンさん、がんばってますね。
    自分も、2007年のバイク事故を機転に、
    自分が生きていることのありがたさを実感し、
    今現在、この事故を機転に人生が良い方向に向いていると思ってます。
    クリケンさんの復活後の活躍を確信しています。
    楽しみですね!
    それでは、またオフにお供させて下さいネ!

  3. Nexus | URL | -

    オーナーの発言について

    いつも楽しく拝見しております。
    ところでこの記事についてどう思われますか?

    広島・松田オーナー、野村監督は「最下位になってもいいぐらい」
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20100801-00000020-spnavi-base.html

    事実上の最下位容認発言です。
    この発言について現場の方の意見が聞きたいです。

  4. | URL | -

    今日の松田オーナーの発言『最下位でもよい』ありえない発言です。ファンも全員ショックだと思います。なんとか鈴川さんからもコメントを欲しいです。

  5. なんでもいいから勝ってくれ | URL | -

    なんでもいいから勝ってくれ

    中日に3戦3完封をされた試合、シーズン前からチケットを予約購入し、東京から見に行って
    いました。18(日)の試合は途中から、カープスタンドでは「何でもいいから塁に出ろ」コールが
    起きていました。

    昨日の中国新聞に書いてある通り、「今は同じプロと名乗るのが恥ずかしい域」であると
    思います。オーナーが「野村監督は監督一年目だから最下位でもいいくらいだ」という記事が
    出ていましたが、完全に異議ありです。それなら今年の残り試合はスタジアムを無償開放して
    ほしいとさえ思います。
    監督・選手に表立って謝ってほしいのではないのですが、舞台裏では上記のようなことについてどういう話がされているんでしょうか?その他のブログも含め、写真などからうかがえる表情を見ていると、選手はそういうのを重く受け止めているようには見えません。

    これだけ負けが続いているのに、オールスター中のセリーグの帽子をかぶってポーズしている場合ですか?100%の力を出しているんだから、このどうにもならない実力差は仕方ないと思っていませんか?

    もし、このいちファンの意見を少しでもチーム一人ひとりに反映させてくれる人がいるなら、
    それは鈴川さんなのかなと思い、投稿しました。

  6. かーぷFAN | URL | -

    最下位でいいんだからみんな頑張らなくてもいいよ。

    みんなでけがせず適当にやろうよ。

    強いチームに行って野球するためには練習が必要だけどね。

    トレーナーの皆さんも優勝を狙うチームに行くほうが、やりがいがあるよね。

  7. のりっこ | URL | -

    おはようございます。

    試合の結果も残念でしたが、
    何よりも球団オーナーが
    「最下位でもいい」と発言したことが
    残念でなりません。

    勝利を目指して日々努力する者にとって
    最大の侮辱の言葉です。
    こんな状況でもあきらめず必死に応援する者にとっても
    最大の侮辱の言葉です。

    メディアの取り上げ方によって、
    言葉が独り歩きしたことも考えられなくはないですが、
    選手たちは野球選手としての限られた時間を
    カープという場でのプレーに命を削って
    輝いているのではないでしょうか?

    選手という立場を引退されて比較的長いスパンで
    将来を考えられる役職の方々や幹部の方々と、
    引退までの一日一日が勝負である現役の選手とは
    「時間」の意味が違います。

    一刻の猶予もありません。
    即刻考え方を改めていただいて、
    勝利に向かって下さい!

    ・・・と鈴川さんにぶつけてしまって、
    すみません。

    栗原選手がトレーニングされる姿を見ながら
    思いがあふれてしまいました。

    今日もカープを見届けます!

  8. のりこ | URL | -

    こんにちは!

    毎日 暑いので 選手の方々は大変でしょうね。
    先日 前健の時に観戦に行きました。

    最近 皆さん お疲れなんでしょうか?
    連鎖反応でか 負け越してますが 頑張って応援に行こう と思っております。
    何時か 選手のこの苦労 苦しみが 嬉しさに変わる時が来ると信じておりますので 鈴川さんも 大変でしょうが 選手の為にお願いいたします。

    子供達の応援してる姿を見てると カーブは本当に愛されてるな~と思えました。

  9. だるま~♪ | URL | -

    ☆大和ミュージアム☆

    もう五年もたってたなんて!いつ行っても休日は多くて(;_;)
    広島に住んでるのに…
    ようやく!初めて足を踏み入れる事ができました^^;
    やはり夏休み!
    とても じっくり読む事!見る事!感じる事ができなかったのですけど…

    あるひとつの文章が
    心に響いたのでお伝えします。

    『進歩のないものは
    決して勝たない。負けて目ざめることが最上の道だ。…』
    ↑↑
    この文章の後は
    まだ続くのですが
    現地にて読まれてください。

    平和って
    ありがたいですね。

    昨年のブログでの
    栗原選手の
    平和への願いは
    私にも届いています。

    プロとは
    有名人とは

    そう言う大切な事を発信する使命を持った方でもあるのかな?って日々感じています。

    かなり
    厳しい暑さの中で
    やりたい野球ができない
    苦しい日々を過ごされた事は きっと大きな信頼を得るためのステップになりましたかね?

    ごめんなさい!
    でも私は、まだまだ
    栗原選手は信頼してません。

    打点が多いのは
    その前の打順の方の出塁があってからこそですから。
    誰が四番に座っても
    ワンヒットで打点はあがる打順だから…

    打席に立つだけで
    怖いΣ( ̄◇ ̄*)
    て、思わせれる
    真の四番として戻ってきてほしいです*^^*

    楽しみにしてますm(__)m

  10. MIYA | URL | NLNr8Ioo

    このひとがいるから

    栗原さんがいてくれるかぎり、カープが好きです。

    「心」に理由を求めず、「体」や「技術」に繊細に理由をさがして、追い込んでいけるひと。より高い自分を望んで、道をえらべるひと。こういう人は、最後の最後の、大切な瞬間に、「心」が活きるような、気がします。

    「プロ」です。かっこいいな。

    栗原さんの姿をみると、ジーンときます。鈴川さんのブログアップの時間も粋ですね。

    栗原さんが4番のカープが大好きです。

  11. ビバくろだ | URL | -

    こんにちは。
    壁を乗り越えた後に見せるであろう満面の笑みをたのしみにしています。

    あ、今日は2日ですよ。アレ、あるんでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。