--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松タケシです

2009年05月21日 23:40

渦中の大阪から脱出して、ヤフードームで練習でした。しかしドームは打球が飛びすぎるなあ。

ルーキーの小松タケシです。

SN3A0291.jpg

実は、身体が柔らかいんです。

もうそれだけで「えらい」と言いたくなります。

柔軟性は生まれつきって言う人には身体が硬い人が多いですが「言い訳」ですね。

柔らかい人は確実に努力しています。

毎日のストレッチを無意識では行ってません。
身体と対話しながら「柔らかく柔らかく」と念じながら一生懸命やっている選手は一目で分かります。

彼のストレッチもつま先を上に向ける意識があるのがすばらしい。

子供からお年寄りまで、アスリートじゃなくても何か運動するなら、まずはストレッチでしょう。

ストレッチにもいろいろあって、「適度に」伸ばすと気持ちいいんですけど、ある程度リズムよくやると
ストレッチというよりトレーニングに近い感覚があります。

正しい姿勢でやろうとすると、必ずどこか我慢して「止める」部位が必要です。
だから、ストレッチも楽じゃないです。

ストレッチの理論もいろいろ出てきて、なんかややこしいですが、まずはやることです。

ちなみに、

僕も結構いけます。

SN3A0294.jpg

でも、小松タケシの方が腰入ってるな。負けた。

ところで、

気になりますよね。

後ろの、あれ。

後ろでペローンとしているのが、青木(高)です。

ニックネームは「ペローン」です。本当です。

あれでもちゃんと身体のリセットしているんです。

ストレッチポールと言いいますが、乗っかって寝ているだけで気持ちいいです。
僕らはストレッポと呼んでいます。

ピッチャーは割と肩が前に出てくることがあるのでストレッポが役に立ちますね。

中殿筋とか腸脛靭帯の辺り、内転筋の張りにも良く使います。

なんでもかんでもマッサージじゃなくて、こういった自分で出来るケアも覚えていかないと一流の選手にはなれませんから。

セルフで出来るコンディショニングを何通りか準備しておくと、いいことがあります。

僕らトレーナーの手が空きます。
そしたら個別対応がしやすくなります。

結局野球はパーソナル対応しないと出来ませんから、そういうの大事なんです。

チームコンディショニングについてはまた別の機会で。

ペローンの事もまた今度。

こんな写り方じゃ申し訳ないですからね。

では、ストレッチして寝ます。




コメント

  1. たあ | URL | -

    おはようございます

    お疲れさまです
    初コメント(^^)v
    体やわらかいですね~
    びっくり!
    体かたいし、肩こりがひどいのでストレッチ?と言えるのか……はじめました♪まだ効果なし…
    ブログ更新楽しみにしてます☆

  2. Ohtakedon | URL | -

    Re: 小松タケシです

    おはようございます。
    僕もストレッチをしているとかなり汗をかくので、かなりトレーニングになっています。

  3. あい | URL | SFo5/nok

    Re: 小松タケシです

    初コメ★
    小松くん軟らかいですね(☆o☆)
    私はめっちゃ硬いんでストレッチしなければ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。