--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己満足

2010年04月28日 23:58


今日はそういう日なんでしょうか。


昨日の嶋君と栗ケンの会話、練習前のウメの気付き、昼食時に聞いた哲のバッティングの感触、

今日の「試合後1時間」の第二弾も含めて、

「テクニックとフィジカルの接点」を考える機会がたくさんありました。

僕にとってはこういう機会が、トレーナーのレベルアップの場だと思いますので

会話の内容、感じた事、伝えた内容はすぐにパソコンに入力しておきました。




その会話の中の一つで、打つ時も投げる時も「遅れ」を作る必要があります。

イメージしてもらうと分かると思いますが、

まず下半身が先行して動き始め、そこでエネルギーが生まれ、体幹を螺旋状に上って最後に上半身に伝わります。

厳密に言うと、もっと細かく分けて考えるのですが

ざっと考えると「下半身」「体幹」「上半身」です。

3つの真ん中にある体幹が、いかに捻れのパワーをぎゅーっと溜めておけるかが重要です。

下半身と上半身が同じタイミングで回転したらダメです。

溜めておくには「筋力」も必要ですが、今日気づいたのは「柔軟性」も必要かと。




ある程度の柔軟性があると、ギリギリまで上半身の始動を遅らせる事が出来ます。

意外と、この柔軟性がないのです。

今日はバランスボールという大きいボールに座って骨盤を動かして可動域を出しましたが

まだまだ方法はありそうです。



逆に、体幹の筋力や柔軟性があっても技術がついていかない場合もあります。

それをバッティング練習やピッチング練習で解決出来ればいいのですが、

僕的にはもう少し紐解いて、コンディショニングの中でその感覚をつかむ事も必要だと思います。

ランニングも、腕振りのタイミングと脚の動きを合わせるだけで感覚の違いを感じる事が出来ます。



昔から言う「走り込みが大事」というのは、ただの量的負荷で考えると意味が薄いのですが

意図を持って走り込むと、ものすごい収穫があると思います。

腕は何の為に振るのか?

答えの一つはタイミングをとる為じゃないかと。




上手く伝えることが出来ませんが、これは僕の一方的なアウトプットですから

さらっと聞き流しといて下さい。



今日は僕の中では、ちょっとだけ掴んだものがありました。

掴んだというか、知っている知識をテクニックに結びつける事が出来たのが嬉しい。

それだけでいい一日でした。


自己満足、自己満足。



コメント

  1. TAK | URL | udVgpcQo

    自己満足

    自己満足って大切ですよね。
    自分が満足してないと他人は満足させられませんから。

    客観的と言われる新聞記事だって突き詰めれば記者の主観だと言いますしね。
    鈴川さんの一方的なアウトプットでも僕にはヒントになってたりします。

  2. なみへー | URL | -

    こんにちは!

    「体幹」のお話は興味があるので、私も満足。て、いうか、おもしろいです。

    軸がブレないためにも、体幹(コア)が必要で、
    飛ばす力を蓄えるために、周り(ハラマキ部分)の柔軟とか可動域が必要、
    って感じですかね?
    外の筋肉が付きすぎると、重くて動かしにくくなるのかしら??
    などと、朝から考えてました。むずかしー。けど、おもしろい。

    ところで右打の選手は右側だけ「くびれ」たりするんですかね?笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。