--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P3報告 最終回

2009年06月13日 22:30

何か忘れてるなーと思ったら、これでした。

アメリカ サンタバーバラのP3報告の締め。

ということで、最終回です。



今回の視察の目的の一つに

40人、50人単位のチームコンディショニングを効率よく行う方法が知りたい

という目的がありましたが、ここで少しカープのチームコンディショニング計画の話をしておきます。


1年間のコンディショニング計画のうち、断トツで大切なのが11月の秋季キャンプと2月の春季キャンプです。

大きな考え方として、シーズンに向けてのコンディショニング計画のスタートは秋のキャンプです。

春のキャンプから導入すると言う考え方ではシーズンに間に合いません。

秋季キャンプの前にコンディショニングスタッフ(1軍の根本さんと僕、2軍の綾田トレーナー、3軍の松原トレーナー)でミーティングを行い、そのシーズンの反省と来シーズンに向けての課題を出し合って、その内容を秋季キャンプで実践し、さらに内容を詰めて春季キャンプで精度を上げるという作業です。

キャンプでしっかりとコンディショニング教育を行っておけば、シーズン中はマニュアル対応が出来てとても楽ですし、効率も良いです。選手もシーズンに入ってから日々新しいメニューではリズムを崩してしまいます。




ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、マーティー体制になってからキャンプの第一クールはコンディショニングをメインに行います。

コンディショニング

ただ、人数が多く、トレーニングの「質」を保つのに苦労してきました。
それでも「全員が一度に同じトレーニングを行う事に意味がある」という監督の意向もありますし、その考えは僕達も理解できます。

それで、視察した内容と、僕達のここ数年の経験から導き出した結論。

① グループ分けは必要
② 仕組みが大切(マニュアル化)
③ 数年かかっても良いので、きっちり段階を踏んで計画的にすすめる




40人50人といった人数に対して「質の高い」コンディショニングを行うにはグループ分けするしかないという結論に至りました。

P3でもアスリートパフォーマンスでも、多くても10人までのグループでコンディショニングを行っていました。当然、コンディショニングの質は随分高いと感じました。


P3 7

これもグループ化の一つ。

出来てない選手を見つけたら声を掛けるのが当たり前なんですけど、これが30人だったら「まあいいか」となるんです。5人くらいだったら絶対声を掛けますよ。




そしてグループ分けしてさらにマニュアル化もしていました。しかもウォームアップ等のメニューでさえ小さな紙にメニューが書いてありました。トレーナーはそれを見ながら進めていきます。

覚えてしまえば覚えられる内容ですが、そういう部分に記憶の力を使うことも確かに無駄のような気もします。これはトレーナーの考え方次第なのでどっちでもいいことですが、マニュアル化出来る部分はすべきだと思います。

以前も話しましたが、野球は結局パーソナル対応の競技です。

いかにマニュアル化してトレーナーの手をあけて、パーソナル対応が出来る環境を作れるか?という事が重要だと思います。

えいしん



職業として、アスリートという道を進む彼らにとって1年で結果を出そうとするようなコンディショニングは無意味だと思います。考えてみれば、誰でも社会に出たら少しずつ進歩します。
それと同じです。

そうすると、今年はこの段階まででいい。という考え方が出来ます。

シンプルに考えた方が再現性も高く、実現性も高いですからね。

キャンプはとにかく「シーズンの準備」ということを忘れてはいけません。




こうやって振り返って見ると、僕達がここ数年取り組んできたことは道筋としては間違ってなかったなと。

「仕組み」としては間違ってない。

あとは個々のトレーナーとしてのレベルを上げることが、チームコンディショニングの質を上げることになるのでしょう。


P3 9

この中で、でっかいアスリートが大声出してトレーニングしています。

とてもじゃないけど、そんな風には見えません。

なんか美味しいパスタでも出てきそうですよね。




長々とまとまらない文章ですみません。

ひとまずP3の報告はこれで終了です。

多分。









コメント

  1. たあ | URL | -

    お疲れさまです

    おはようございます。

    根本さん鈴川さん綾田さん松原さんいつも選手のみなさんのケアありがとうございますm(__)m
    これからもよろしくです☆
    さあ!勝ちましょう(^^)v
    今日も選手をよろしくです☆

  2. ひまわり♪ | URL | -

    さすがですね・・

    鈴川さん

    久々に本職のお話 

    あつ~く語っていただき無知な私でも大変興味深く読んじゃいましたよ!!

    基礎は大切なんだな~と、改めてきずかされますね。

    野球の観方が変わりそうですv-221

    球団によってやってる事も違いますものね。

    練習からみるののが好きなのもそのせいなんですから・・・

    いつも選手の先頭でストレッチしてる

    鈴川さんは素敵ですよv-10

    今日は大好きなファームの試合を

    いわみスタジアムまで観戦してきます!

    ここから1軍にあがっていく

    選手をみるの楽しいんですよ~♪

    昨年はマエケンがBigになりましたしね。

    今年は誰がBigになるのやら??





  3. ざぶ | URL | -

    Re: P3報告 最終回

    プロスポーツの世界はホントに大変ですよね。毎年毎年凄い選手が入団してきますもんねv-208その中で何年も活躍する為には並大抵の努力じゃないでしょうからね~v-506カープの選手が少しでも長い選手生活が送れるか否かは鈴川トレーナーに掛かってるといっても過言では無いですねe-278

  4. まこ | URL | -

    Re: P3報告 最終回

    鈴川さんへ
    お疲れ様です、関西に住んでいるためなかなか
    試合も(1軍・2軍)見に行けないため選手がどんなトレーニングをしているのかわかっておもしろかったですv-354ファンとしては怪我や故障がないようにv-363と祈ることしかできないですがv-436これからも鈴川さんの目線でのブログをお願いします。

  5. ほこ | URL | -

    うーん[s:20515]

    深いけど解りやすい。アスリートって何だか特別な存在のようで、私からしたらヒーロー的な存在だけど、社会で戦う人として考えたとしても、人一倍の努力と知力をつかってるんだなーと改めて思います。読むといつも自分の中の何かが目覚め、モチベーションがあがるブログ楽しみにしてるよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。