--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限の可能性

2010年01月09日 22:26


今日は中学の時の恩師の手伝いとして、とある中学校の野球部にお邪魔しました。

トレーニング指導と言うより、

「僕がいろいろ経験してきた事を中学生相手に試させて頂いた」

という表現の方が良いかもしれません。




実際、中学生に対してラダーやミニハードルの指導をしたことはないですし、

カープでやっているようなウォーミングアップも子供達に対して行ったのは今回が初めてでした。


中学生2



結論を言うと、

非常に楽しかったし、相当勉強になりました。

みんな最初はものすごく下手なんです。

ものすごく下手なんですが、彼らはあっという間に吸収していきます。

まさに、無限の可能性を感じます。



トレーナーとして、ここまで見るポイントがたくさんある素材は当然プロ野球には居ません。

プロ野球選手はみんな何をしても超一流ですからね。



そして中学生に対して、その修正点を伝える為の「言葉を選ぶ」事も必要になってきます。

専門用語は通用しません。「体幹」という言葉もプロでは乱用していますが、今日は通用しません。

結局、動きで見せることが一番効果的でした。




僕の中で、頭のてっぺんからつま先までの、ありとあらゆる神経細胞が刺激された気分です。





たくさんの気付きがありました。

自分でもこんなに「視える」ものかと驚いたくらいです。

でも、ふと思いました。



「プロの選手を見ていて、これだけ多くの事を気づけるのか?」と。

正直、こんなに多くの事を感じなくなっています。



気づけないのは、僕の見る視点がまだまだレベルの低い所にある為でしょう。

本当はプロの選手でさえ、見る人が見たらたくさんの修正点が見つかるのかもしれません。

今日の僕のように。




面白かったという事と、

まだまだだなという思いが交錯しています。




いずれにしても、気づかせてくれた純粋な子供たちに感謝。


体は小さいのに、何でも入る真っ白な大きな箱のようでした。



それぞれ個性があって

まるで「ルーキーズ」のような子供達。

「可能性」ほど人間を奮い立たせるものはないですよね。


中学生1

見てみたいな、彼らの試合。




当たり前の事ですけど、

カープの選手もみんな昔は少年だったんですよね。

それも、プロになる可能性を信じた少年。





島川先生

20年前、僕らもこんな感じだったんでしょうか?

帰りの車で、昔の事をずっと思い出していました。

今日はいい勉強させていただきました。

ありがとうございました。






コメント

  1. kozu | URL | shsLjCXw

    「視える」!

    いきなり グッとくる今夜のブログですね。

    読み終わったあと、とても 切なくなって、
    頭のなかに、なぜか『長い坂の絵のフレーム』v-266が流れ続けていました。

    この三連休を、かなりミーハーで過ごす予定の私と、
    日々、あらゆる場面で「学び続ける」鈴川さんv-20

    私のほうが残された日数はかなり少ないのに、
    これは、とってもまずい状態 です。

  2. 野球少年 | URL | -

    昨日はありがとうございました

    昨日は僕達の野球部に来てくださってありがとうございましたm(__)m

    カープの選手の話が聞けたりして、楽しかったです。プロのトレーニングを体験できてよかったです!

    これからもカープ優勝に向けてがんばってください!応援してます\^o^/

    いつか僕達の試合も見に来て下さい。

  3. カープ大好き | URL | -

    鈴川さんへ。

    こんばんわ。お久しぶりです。横山投手、お子さんが、お生まれになったのですね。女の子みたいですね。おめでとうございますと、お伝えください。昨年の11月13日の日に、FA権を行史せずに、カープ残留を決めて、今年、お子さんが誕生、横山投手の今季の更なる活躍が、今から凄く楽しみです。それでは、失礼致します。

  4. ザブ | URL | -

    今度うちの会社のサッカー部と野球部の体が言う事を聞いてくれない、おっさん達をご指導して頂けないでしょうか? 可能性は無に近いと思いますが、見るポイントがたくさんある素材というところでは鈴川トレーナーも勉強になりませんかねぇ?v-8

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。