--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いただきます」

2009年05月30日 16:05

杜の都、仙台は昨日からずっと雨です。今日の試合も中止になりました。


この写真ですが、去年の6月に仙台に来た時トレーナーのみんなで行った炉辺焼きの店の写真です。
仙台は牛タンも美味しいですけど、魚も美味しいですよ。

仙台じらいや1
そして今年もトレーナーのみんなでこの店に行く予定だったのですが、僕だけ所用で行けませんでした。

去年この店で「食べる」ということについて感じたことがあったので、今日はその話です。

「きんき」という魚を目の前の炭火で焼いてくれるのですが、脂がポタポタ落ちて、火柱が立ってなんだかすごかった。

その魚のうまいこと。

で、身がなくなって骨になったら今度はスープにしてくれて。

まさに骨の髄までという感じでした。

本来、食べるっていうのはこういうことなんだろうな。

お店の人は「食べる」ということをちゃんと分かっているし、少なくとも僕は「おいしい」以外の何かを感じました。

数年前に中学の時の先生に会ったときに聞いた話。

給食の時に「いただきます」と言うことに対して、保護者からクレームが来たらしい。
先生に向かって「あんたに食べさせてもらってるわけじゃないのに、なんでいただきますと言うことを強制させられるんか」と。

先生は僕らに言いました。

いただきますというのは、その今から食べる生き物の「命」をいただきますという意味なんだと。

よく考えたら人間が食べるものに「いのち」が無いものは存在しないと思った。もともと全部生きてたもの。化学調味料とか別として。
パンでもうどんでも。肉や魚だけじゃないですよね。

そう聞くと、必ず口に出して言わないまでも、心の中で「いただきます」とつぶやいて、そういう気持ちを持って食べないといけない気がします。

あらためて、こういう気持ちを持たないといけないし、子供や先生にこんな事を言う親になってはいけないと思いました。しつけも意味から教えるべきものなんですね。

先生は卒業して20年近く経ってもまだ、僕らの先生でした。



コメント

  1. カープっ娘 | URL | mQop/nM.

    すばらしい

    『いただきます』の話、素敵ですね。私もあんなことを言う親にはなりたくないです。命あるもの粗末にしてはいけませんね。いい話をありがとうございました。

  2. マンP | URL | -

    Re: 「いただきます」

    毎日更新楽しみにしています。
    選手のブログとは違った角度でカープのことが知れるので、凄く面白いです!
    カープファンにどんどん紹介します!

    今回のこの仙台のお店、よろしければ名前教えてもらえないでしょうか・・・
    見てたら旨そうで旨そうで・・・

  3. みかみかん | URL | -

    Re: 「いただきます」

    今日も本当に素敵なお話ありがとうございました。
    今日は息子の運動会だったのですが
    テントを保護者みんなで片付けるときに
    テントの下に座ってたのに
    知らぬ顔で帰っていく方が多くて
    とてもむなしい気持ちになったのですが

    鈴川さんの日記を読んでいたら
    そういう人たちを責めるよりも
    違うところに目を向けようという気持ちになりました。

    テントに入れなかったのに最後まで手伝ってくださった方々に
    まず感謝しなければならないなって気持ちになりました。

    自分で書いてて意味分からなくなってきましたが
    鈴川さんの先生のお話素敵でした!

    明日の朝子どもたちがいただきますを言うときに
    話してみようと思います。

    ありがとうございました。

  4. なつ | URL | -

    Re: 「いただきます」

    いつも、楽しみに拝見させてもらってます。
    自然の中で生かされていることを、感じられる人間でありたいですね。
    私は、医療・出産の場に立ち会う職業です。その人の持っている力・気持ち(心)を大事にしたいと努めてます。このブログから、考える・学ぶことも多いです。
    カープの選手のことだけでなく、こういう内容も楽しみしてます。

  5. anzuko | URL | m6pSOb.I

    「いただきます」の意味

    こんばんは。
    更新ありがとうございます。
    いつも楽しみにしています。

    子どもに「いただきます」を言わせることについて保護者からクレームが来たという話ですが、私も以前に同じような話を聞いて、最近は「いただきます」の意味を知らない人がいるのか…と驚きました。
    小学生や中学生の親というと私の同年代か少し上くらいだと思うのですが、「いただきます」の意味を教わる機会がなかったのかなぁと思うとなんだか寂しいです。私は子どもの頃から知っていたので当たり前だと思っていたのですが、教えてくれた親に感謝しないといけないなと思いました。
    自分の子どもにはせめてきちんと教えてあげたいと思います。

  6. たあ | URL | -

    あたりまえのこと

    鈴川さんのブログいつも考えさせられますね・・・
    『いただきます』『ごちそうさまでした』食べる前食べたあとに手を合わせるのはあたりまえのことだと(;^_^A
    野菜やお米を作ってくれた農家の人に、給食を作ってくれた給食のおばちゃんに、お弁当を作ってくれた母に感謝・・・
    あたりまえのことってなかなかできないのか?!
    食べれることがあたりまえのことだから忘れてしまうか?!
    ・・・同じ世代が今『親』なんだよね・・・
    ・・・と言う私も最近感謝の気持ち忘れてたかも・・・m(__)m鈴川さんに感謝です。ありがとう(^-^)

    昨日の中止で4連戦になっちゃいましたね。今日も東北はあんまりお天気よくないみたい?!体調崩されないように(^-^)

    今日からも勝ちましょう☆☆☆☆
    お疲れさまで~す(^^)v

  7. バナナ | URL | ccLqRZko

    おはようございます。
    そうですよね。
    「いただきます」の意味は「命をいただきます」という感謝をこめてという意味もあるんだよと私も教わった事があります。
    今の子供たちが、スーパーで売っている魚しか知らずに、魚にははじめから骨がないものだと認識している子供がいるという話も聞いたこともあります。
    こういうことは自然な生活の中で学んでいけるものだと思っていましたがそうではないようですね。だから「食育」が必要な時代なんでしょうね。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。