--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月8日

2009年08月08日 21:43

僕を二十歳の時からずっと支えてくれている幼なじみがいます。

名前を大久保正紀といいます。


14年前の今日、事故で亡くなりました。

僕が旅に出るのを見送ってくれたその帰りに。





それ以来、僕にどんな困難が降りかかろうと、あの時の経験に比べれば大したことありません。

ずーっと、僕を支えてくれています。



もう14年か。

8月8日

天国から見守ってくれているのか、

生まれ変わって世界を飛び回っているのかわかりませんが、

どっちにしても、僕が話しに行けるのはここしかなくて。




この事を書こうかどうか、迷ったんですが、

いつか僕が多くの人に知られるようになったら、彼の事を絶対伝えたいと思っていました。

二十歳以降、彼に支えられたから、今の僕があるという感謝の気持ちを伝えたかったです。


そういう男がいたということを、ただ伝えたかった。

僕の個人的なわがままなブログですが、お許し下さい。


今日勝ちたかったので、寛にも感謝しています。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。