--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー

2011年01月03日 23:26


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



またまた地元関連の話です。


実は、高校のときサッカー部に在籍していました。

サッカーだけじゃなかったのですが、まあいろいろやりたいことがありまして

サッカー部歴が一番長かったんです。


それで昨日サッカー部のOB戦が行われました。

ob戦1

周りは山ばっかりで、最高です。

僕らの歳になると「息子」を連れて来る人も居ますが

何の問題も無く一緒に試合が出来ます。


サッカーは少人数でも試合が出来るのがいいですね。

はじめは5対5くらいから初めて、最終的には8対8くらいでやりました。


下手なインターバルトレーニングよりよっぽどキツいです。

それと、内転筋が腫れている感じです。ものすごい筋肉痛。


僕、カープでやっているランニングトレーニングはなんとかこなせると思いますが

サッカーの練習は絶対出来ないです。


それくらい競技特性が全く違います。


でもオフシーズンはこれくらい違う種目を行う方が良いのかな。

普段刺激の入らない部位や、心肺機能のトレーニングを積む事で、

アスリートとしてバランスのとれた身体になる気がします。


最終的にはキャンプで技術練習をとことんやって

キャンプが終わる頃には嫌でも野球用の身体に変わるわけですから。



昔は大野で良くやってましたね。サッカー。

「危険だからスライディングはなしね」と言っておいて

おもいっきりカマしてきたのは広池さんですけど。


ob戦2

みんなでグランド整備をしていると、あの頃の記憶がよみがえってきます。


大きな怪我も無く、みんな楽しそうでした。

が、

多分みんな今日は激しい筋肉痛でしょう。


嬉しくて、アップもせずにボールを蹴って遊びましたからね。

何事も準備不足はダメですね。

では。

スポンサーサイト

ズッコケ4人組

2010年12月31日 00:30

完全に内輪ネタなんですが、昨日今日と会議でした。


まあ、僕らが勝手に「会議」と呼んでいるだけで、

幼稚園から高校まで一緒だった4人組の忘年会兼同窓会です。

選手じゃなくてすみません。。。



いつも年末に集まるのですが、今年は20年ぶり

4人揃って地元のこの店に。

会議3

「リンダルハウス」

ここのステーキボールは絶品です。

絶品と言う割に、僕は20年行ってなかったんですけど。。。

会議2

昔のまま、相変わらずうまい。


会議1

みんなおっさんになったんですが、

どうあがいても歳を取るスピードはみんな一緒なんですねえ。
要するに、僕もおっさんになったと言う事。


4人でいると個性があっておもしろいですよ。

必ず誰かがズッコケますから。


性格はそれぞれ違いますが、居心地が良いんです。

育った環境が同じだからでしょうか。

みなさんも居ますよね、そういう仲間。


会議4

会議の締めはブランコ。

母校の小学校にて。こういうところがズッコケてますよね。


置いてある鉢植えの数がえらい少ない。

明らかに子供の数が減っています。

教室もずいぶん余っている感じでした。


学校そのものが無くなって行く時代で

こうやって訪ねる場所があるのは有り難いことですね。


では。

良いお年を。

職人の道具

2010年10月23日 21:43

お世話になっている理容院で、職人の道具を見せてもらいました。

シェルター6

なんかいいでしょ。質感が。

15万くらいするんですよ。


シェルター1

ハサミを手入れする山口さん。「必ず毎日磨きます」

ハサミに対して愛情を感じます。

山口さんの師匠がそういう人だったらしいです。




その、道具に対する愛情の結果。。。。

シェルター2

左が山口さんのハサミ。

右は亡くなったおばさんのハサミだそうですが、大きさが違います。

もともとは、同じ大きさのハサミなのに、

おばさんのハサミは研ぐ度に少しずつ小さくなって

長い年月をかけてこの大きさになったそうです。


使い減りという感じはなく、

だんだん切れ味が鋭くなっていくのでしょうけど

不思議と柔らかくも見えます。



シェルター

川沿いの静かな場所にあって、まるでカフェのような理容院です。

山口さんは僕と感性が近く、いろんな雑学にも詳しいです。

行くたびに、いろんなことを教えてくれます。


他業種の職人さんにも

いろんな姿勢を学ぶ事は出来ますね。



そういえば、小さい頃

父親が鎌を研ぐのを見るのが好きでした。

大きくなったらやってみたかったのを

すっかり忘れていました。

今度やらせてもらおう。



一生使える道具っていいですね。


山本ケイイチさん

2010年10月19日 22:22


足クイズですが、上からクリケン、ショーゴ、僕。

ショーゴの足指がものすごく長い事が判明。

それにびっくりしていたら、実は井生くんも上野くんもかなり長い事が判明。

なかなか気付けないおもしろい事実。



それは置いといて、今日は裸足つながりで。。。。。


野生で生きることの大事さや

型にはまらない格闘技を応用したようなトレーニングの重要性を

何度かこのブログでも書いてきましたが、

先日、この考え方にぴったりはまる人にお会いして話をすることが出来ました。


意気投合。

やまもとさん

山本ケイイチさん

「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」の著者であり

僕の理想とするトレーナーの一人でもあります。


もちろん理論に基づいたトレーニングは大事です。

ただ、何かあるごとに

「中殿筋の機能低下が。。。。。」

「パワーポジションをしっかり保って。。。。」

という人間の「機能解剖的な正解」だけを求めるのは、トレーナーとして

何か足りない感じがしていました。

足りないというのは、科学的根拠に基づいたトレーニングが

必要ない、ということではなく

それは土台としてしっかりしていることが前提で、その次の段階が

「崩し」だと思うんです。

体勢、または精神が崩れる時に危機感を感じ、人間の持っている野性的な身体の使い方や

精神的な強さが引き出されると思うんです。



僕はそういった焦りに近い危機感を、子供の頃味わった気がします。

手のひらに一気に汗が出る様な瞬間。ないですか?みなさん。



そういった、子供の頃に体験していた自然の中での身体作りを、

大人に対しても広めて行こうとしておられます。

子供の頃見た「ロッキー4」でしたっけ?あのトレーニングに近いです。



本人は本気ですが、笑ってもいい動画です。

免疫の無い人にはちょっと引く内容かもしれませんが。。。


まあ、ここまでとは言わないにしても

プロ野球のトレーニングにも何か取り入れた方がいいなと感じています。

怪我のリスクはあるんですが、

そのリスクを減らすコンディショニングを

ウォーミングアップの中できちんと行っておけば問題ないと思います。

肉体的にも、精神的にも一回りレベルアップし

現状を打破する鍵になるかもしれません。



「古典的な鍛錬と、近代トレーニングの融合」

これが

6年間プロ野球でやってきて、ずっと探していた答えかもしれません。



本当に、外の世界でやっているトレーナーの方々は視野が広いですね。

内に閉じこもっていてはだめです。


兄弟

2010年08月29日 23:51

シノ「今日誰の誕生日か知ってます?」

ぼく「え?うちの兄ちゃんの誕生日じゃけど」

シノ「28番ですよ。28ばん!」


なんと。知らなかった。

頑固なあの人と、うちの兄ちゃんが同じ誕生日だとは。

うちの兄ちゃんは頑固じゃないなあ。

性格は全然違う。


そういえば、広池さんちの娘と、うちの娘も誕生日一緒なんですよ。




先日実家に帰った時に

兄「いつになったら、わしはブログに出て来るんかの」と。


冗談で言ったつもりなんでしょうけど。

出します。

兄、昌樹。

林昌樹と同じ字。


確か写真が何枚かパソコンに入っているはず。。。。



あったあった。



はいこれ。

兄

もちろん左が兄。

二人とも耳がとんがってますね。

ちゃっかりカープの帽子も持っています。

これは、何系のファッションでしょうか。


一応、二人とも野球やってました。

兄2

「広島市民球場と同じ大きさのグランドが出来る」と当時わが町で話題になった

向原町民グランドにて。

たしかカープの選手が来て野球教室が開催されました。

なんと古葉監督まで来てます。



小さい頃、近所に子供があまりいなくて。

近所に住む新田兄弟と鈴川兄弟の4人でいつも遊んでいました。

その辺の田んぼで野球(もちろん透明ランナー制)をして遊んだり、

山の頂上目指して登ったり、川で泳いだり。


やまた

僕の原点です。


まだ1歳くらいの時、僕が池で溺れて。

お尻だけ浮かんでいたそうですが、

発見してくれたのは3歳の兄ちゃんだそうです。


おかげで、今ここにいます。

今後ともよろしく。



一応、頑固な方のあんちゃんも

おめでとうございます。




3タテは出来ませんでしたが、

この3連戦、楽しかったですね。

では。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。